アダルトチルドレンのためのアンダンテ

歩いていこう。アダルトチルドレンやADHD。大人になって私がいろいろ知ったこと。

目の前のこと

今、目の前の事をすごく楽しめてなくて、

なんだか逃げ出したくなってる

自分がやんなっちゃうや

 

誰かの役に立てない悔しさとか

誰かに迷惑かける情けなさとか

 

自分への理想が高すぎるのかな

 

張りぼての「良い家族」

母親から、都内のカフェに呼び出された。

父親の病気のことで話があると。

 

父親の病気は重くて、もう時間がない。

だから、これからは良い家族になろう。

良い家族になって、今迄より頻繁に合って、今迄より沢山コミュニケーションを取って、沢山旅行も行って。

 

言葉を失う自分。

良い家族って、何だ。

 

母の姉のの息子は、親をドライブに連れて行ったらしい。

母の姉の娘は、旦那さんを迎えた日に家族と遊園地に行ったらしい。

そんなふうに、私にも、そろそろ家族になにかしてあげようと、思えるようになってほしいらしい。

今迄そんな事してくれた事、無いじゃないかと。

良い家族になろうと頑張って努力しているのは母だけで、誰も協力してくれないじゃないかと。

 

返す言葉も見つからなかったが、辛うじて出てきた言葉は自分でもびっくりするくらい、その母の想いを全力で拒否する言葉だった。

悲劇のヒロインと悪者の娘。

カフェではきっと周りにも会話は聞こえてて、きっと周りの人はそう思っただろうを

そんな状況だった。

 

そんな思いもあってか、最近母はよく家族での旅行や食事を企画するようになった。

 

確かに、いわゆるいい家族は子供が大きくなったら、親のためにいろんな事をしてあげてる。

それが出来ずにただ親を避け続けてる自分は親不孝なんだろう。

 

ただ、例えば家族でドライブに行く事、家族で遊園地にいくこと、それを形式的に実現する事で良い家族は体現できるものだろうか。

旅行先では行動はばらばらで会話も特になく、共に行動すると事あるごとに喧嘩、父親が居ない時には相変わらず母は私の耳元で父親への不満を語り続ける。

それは愛らしい夫婦の愚痴とは違う、父親への期待のその「裏切り」への失望から生まれた言葉たちだった。

家族の喧嘩が起きないように、起きないようにと常に気を張る。

対立が起きそうになったら間に入って必死で折衷案を考える。

馬鹿馬鹿しいと思いながらも、未だに反射的にその行動に出てしまうのは、きっとずっと前からやってきたから。

自分は本当に、親のために「何もやっていない」娘なのだろうか。

周りのひと

みんな何故、こんな私と一緒に居たり、遊んでくれたり、飲んでくれたりするんだろう。

もしかしたら、なにかしら我慢させながら付き合わせてるのかな。

親しいと、思ってるのは私だけだったら、どうしようって思うんだ。

正直正直

正直正直っていってみたけど、

そもそもなんで正直でいられないんだろ。

批判されるのが怖いから。

批判されるようなことを回避できてないから。

回避出来ていないのは、予測できていないから。

予測できていないのは、今しか見れていないから。

今しか見れていないの、過去に今を見ていなかったから、今しか見る余裕がないから。

5分後はどうして行こう

10分後はどうして行こう

1時間後は、明日は、1週間後は、1年後は、3年後は、10年後は…。

考えて、考えて、そこから遡ってみよう。

正直になるための、第一歩。

ずるい心をすてる

ずるい心を棄てて頑張ろう。

ずるさは絶対、自分の心を傷つける。

うそ、ごまかし、しらんぷり。

ずるさはきっと、怖さから生まれてる。

そんなに怖がる必要は無かったんだ。

そんなに怖がる必要は無いんだ。

人の言葉を頭の中で料理して、自分の言葉を作りたい

自分は、ちゃんと自分の言葉を使っているかな。

誰かの言葉をそのままコピーして貼り付けたような、言葉の選び方を、使ってるんじゃないかって、そう思った。

テレビで使われている言葉、世の中で流行っている言葉、誰かから教え込まれた言葉、本に書いてある言葉、何と無く聞いたことのある言葉。

コピーして貼り付けるだけだから、言葉の意味とか考えない。

考えないけど、出来上がった言葉の繋がりは、何と無く、それっぼくなってる。

わかってる風に見えたりする。

運動は健康にいい

ー 運動ってなに?健康ってなに?いいって、なに?

貧困の家庭の子供はかわいそう

ー 貧困って?貧困な家庭って具体的にはどんな家庭?かわいそうかどうかの判断はなにを基準にしてるの?

ビタミン豊富

ー ビタミンってどんな作用があるのか?豊富って何mgでその量がどんなインパクトをもってるんだ?

途上国、先進国

ー どこの国?なにを目指している中での「途中」で、なにとなにをどんな基準で比較した結果「先に進んでる」のか?

あの子は勉強してばっかで真面目な子だよね

ー 勉強=真面目は本当に成立するのか?

性格悪い、細かい、めんどくさい、つまらない、

そんな見られ方もする思考回路かもしれない。

ただ、1つ1つの具体化や根拠の欠如が、単純なミス、誤解、偏見、差別を生んでるんじゃないかって、最近になって思うんだ。

ルーと人参とジャガイモと…ただ並べただけじゃカレーは出来ない。

自分への統制

自分で自分にTODOを課してある程度自分にタスクをやらされてる人の方が、人にタスクを振るのは上手いのかも知れない

自分へしてる事を人にもすれば良いだけだからね

ただ、自分へ指導するときは言い方や厳しさを考えたりしなくて良いけど、人にするときはある程度相手のキャラクターを考慮しなきゃいけないんだろう

それが出来ていないことに気づけない時、その人は「何であいつはやらなきゃいけない事をやらねえんだ」って人を批判するんだろう

孤独を感じるんだろう