アダルトチルドレンのためのアンダンテ

過去の事も、それに対する後悔も、こうなりたいってゆう希望も、言葉にし落とし込んで眺めてみることで、ちょっと整理がつくかもしれない。

言い返せなかった言葉たち。

最近、一時期治まってたけど、今日久々に出たフラッシュバックと怒り。

きっと言えてない気持ちがたくさんたくさんあるからだ。繰り返してくる親の発言に、心の中で必死に言い返して闘ってる自分がいる。

 

ほらみろ、私の勘違いじゃない。やっぱりあんたは何でも人のせいにしてくる。

だから会話もしたくないんだ。私にも、自分を守る権利はある。親不孝呼ばわりするな。

 

頭の中で、私を親思いでない冷たくて酷い奴だと攻めてくる母親の言葉たち。

そのとき閉じ込めた感情は、不意に脱出を試みてくる。

 

ただ、本人にこの言葉をぶつけたとき、自分がどれだけつらい思いをするかはわかっている。

 

それが理解されることはめったになくて、

ちゃんと自分の意見は言ったほうがいいと言ってくる人たちは、きっとすごく豊かな家庭で育ったんだろうな、とか僻む気持ちにまた罪悪感。