アダルトチルドレンのためのアンダンテ

過去の事も、それに対する後悔も、こうなりたいってゆう希望も、言葉にし落とし込んで眺めてみることで、ちょっと整理がつくかもしれない。

人の役にたちたい

自分って、人にとって迷惑な存在だって、何処かで思ってる。

誰かが話しかけてくれたとき、あんまり長く話しちゃうと、この人に迷惑かけちゃうと思って、なるべく早く話を終わらせようとしてしまう。

もし自分が話した方が良さそうならたくさん話すし、もし自分が話さなくても盛り上がってたり、他に話したそうな人がいたりしたら黙ってる。


そんな自分でも、本当は誰かの役に立ちたいと、どこかで思ってる。


自分は他の人に比べて遥かに頭が空っぽで、周りの人が考えてることの半分も考えられてない。

ただ、それに気付けただけでも少しは進んでるのかな。

今からでも良いのかな。

何も考えがない人間は、人に新しい視点とか、新しい気づきとかが与えられない。

もっといろんな事知って、もっと色んなことを疑問に待って、もっとそれを人に問える人間になりたい。

今からでも間に合うのかな。



近づいてみよう。一歩づつ。