アダルトチルドレンのためのアンダンテ

過去の事も、それに対する後悔も、こうなりたいってゆう希望も、言葉にし落とし込んで眺めてみることで、ちょっと整理がつくかもしれない。

自分の話なんか聞いている人いないだろう

自分の話をするとき、自分の話なんか興味持って聞く人なんていないだろうなって思いながら話してる。

つまらない話を続けて、つまらなそうな相手の表情に申し訳なさを感じたことが沢山ある。

だからなるべく相手の時間をとらせない様に、早く話が終わる様に頑張ったり、詳細は話さずザックリ話す様に意識したり。

だからたまに自分の話を沢山聞いてくれる人がいると、逆になんだか疑ってしまう。

なんか我慢してるんじゃないかとか、もうこの人と気軽に連絡とれなくなるんじゃないかとか。

でも、話さない様に話さない様にと、当たり障りのないことや抽象的なことばっかり話してると、それはそれで、こいつと話してても面白くないと、相手を退屈させるんじゃないかとか、思う。

相手に気を遣えなくて、相手に嫌な思いをさせたことが沢山ある。

自分と話している時より、自分以外の他の誰かと話してる方が、楽しそうに話している人を沢山みた。

だから自分はあまりその人の時間を奪わない様にしなきゃ、とか。