アダルトチルドレンのためのアンダンテ

過去の事も、それに対する後悔も、こうなりたいってゆう希望も、言葉にし落とし込んで眺めてみることで、ちょっと整理がつくかもしれない。

虚栄心に従って

もしかしたら、自分は今まで「虚栄心」に従って生きてきたのかもしれないと思った。

 

自分のことが受け入れられなかった。

自分に足りないものばかり見ていた。

そして自分にかけているものを手にすることが幸せの条件だと思い込んでいた。

 

欲張りで、まだ足りない、まだ足りないともがいていた。

自分が苦手な事、自分に向いていないことばかり手を出した。

だから一定の競争の中で自分はいつも下の方だった。

そして自分をまた受け入れられなくなっていった。

 

 

ふと考えても思いつかなくなってしまったのは、自分はどういう方向に進みたいか?ということ。

自分が周りから受け入れられるためを想って行動し続けたら、自分が自分から受け入れられるためにどう行動すればいいかわからなくなった。

 

疲れているのは、たぶん周りを意識しすぎているから。

たぶん、今のままだと、幸せにはなれない。